ノースフェイスのロゴ

好きなモノ

ヌプシジャケットをレビュー!期待を裏切らない暖かさです

こんにちは!けってぃです!

いよいよ本格的に寒くなってきました。

最近は暖冬傾向とか言われていますが、だからといって寒さ対策が不要!なんてことはあ
りません。

今回は寒い冬の強い味方、ノースフェイスの「ヌプシジャケット」をレビューします。

ノースフェイスの公式ホームページでは抽選販売になるほどの大人気のダウンジャケット
です。

使ってみてわかりましたが、これは私がこれまで着用してきたどのダウンジャケットより
も着心地がいいです。

控えめに言って最高。

なぜヌプシジャケットは売れ続けるのか

そもそもヌプシとは、ヒマラヤ山脈の標高7,861mの「Nuptse(ヌプツェ)」を由来としています。

このことだけでも、いかにも冬に強そうなイメージを持つことができます。

詳細はこれからレビューしていきますが、冬の山でも耐えられるよう、さまざまな工夫がされています。

チェックを重ねるごとに売れ続けるだけの大人気の理由がわかります。

まずは公式ホームページでの紹介文を確認してみましょう。

1992年、エクスペディション向けに開発し、1990年代のTHE NORTH FACEを代表するヘリテージモデルであるヌプシジャケット。当時の仕様や素材はそのままに、サイズ感を現代版にアジャストしています。環境に配慮したリサイクルダウンを中わたに使用。表地は強度がある50デニールのリップストップナイロンに撥水加工を施し、パックに干渉する肩部分はナイロン素材で補強しています。静電気の発生を抑える静電ケア設計を採用。アウトドアからタウンユースまで、幅広く活用できる1着です。

goldwin公式ホームページ:https://www.goldwin.co.jp/tnf/ec/pro/disp/2/ND91841/TR/S

この紹介文からわかるとおり、ダウンはもちろん、表地にもこだわりを施しており、過酷な天候でも耐えられるような設計となっています。

ヌプシジャケットの外観

表地について参考にしていただきたい

ノースフェイスのロゴ

また、アウトドアだけでなく、タウンユースにも活用できるよう工夫がされています。

このように、アウトドア用品にとどまらず、タウンユースにも使用できるスペック・デザインを有していることが人気の理由です。

事実、公式ホームページで購入しようにも抽選販売のみとなっており、人気のほどがうかがえます。

公式ホームページ以外では、Amazonや楽天などのネットショップや、スポーツ用品店等で入手することができます。

なぜヌプシジャケットに目を付けたのか

少し自分語りをします。

私はこれまで、ただ何となく見た目がいいから、みたいなノリでダウンジャケットを買って
きました。

しかし、そのどれもが期待していたほど暖かくなかったり、蒸れてしまったりとどうもい
まいちな着心地であり、重たい。しかも、それなりに高い。

そんなわけでとっかえひっかえしてきましたが、今年になってようやく気が付きました。

にゃす
もしかして、アウトドア用品のダウンジャケットって可能性あるんじゃない…?

だって、冬の山という命の極限の中で着用することを想定してつくられているんですよ。

相応の機能を持っているに違いないですよね。

結果として、正しかったんですが…

にゃす
気づくの遅すぎ!

ということで、モンベルのダウンジャケットと迷いに迷い、デザインの観点からヌプシジャケットに決めました。

散々見た目で失敗したのに、結局見た目でした!
けってぃ

レビュー:着心地を確かめる

ということで、ゲットしました。

ノースフェイスのヌプシジャケット

公式ホームページも含め、ネットショップではどこも売り切れで心が折れかけましたが…

近所のスポーツ用品店にありました!

ネットショップではどこも売り切れとかやばすぎ。

良いところ①:心地よい暖かさ

着た瞬間に、自分の体温がジャケットに伝わっていくのがわかります。

ふわっとした暖かさに包まれるように感じてしまうところにこのジャケットのすごさがあ
ります。

良いところ②:蒸れない

どれだけ暖かくしてくれても、蒸れてしまってはどこか心地悪いフィーリングとなってし
まいます。

このジャケットの優れているところの2つ目は、蒸れにくいという点です。

強力なダウンゆえに、暖まり方が半端ないのはすでに述べた通りですが、反面、少し動い
たり、室内に入るとオーバーになりがちです。

そうすると、中には蒸れてしまい、非常に不快になることがあります。

しかも、蒸れて発生した水分がダウンを痛めてしまうという悪循環も…

ところがヌプシジャケットは違います。

良いところ③:とても軽い

私が一番感心しているのは、実はこの3番目の「軽さ」です。

なんと驚きの680g(Lサイズ)!!!

本当に軽いです。

私が今まで着てきたダウンジャケットは、素材の都合なのか、重たく、長時間の着用がで
きないものばかりでした。

ショッピングや街歩きをしている最中に肩に重みを感じてしまうことがほとんどで、しば
らくしたころには不快感MAXでした。

しかし、ヌプシジャケットは軽いため、長時間の着用でも気になることはありません。

よほど室内が暖かくない限り、一日中着っぱなしでオッケーです。

今では、コートの代わりにヌプシジャケットを着て通勤しています。

暖かさだけでなく、軽さも手に入れることができ、快適に通勤しています。

良いところ④:細かいところまで豊富な機能

もとはと言えば登山用品です。

登山は常に命のリスクを背負います。冬の山ではなおさらです。

そういう場面での着用を想定していますので、ヌプシジャケットには様々なところに機能
を持たせています。

例えば袖口

ヌプシジャケットの袖口

ベルクロになっているので、手首のサイズにジャストフィットします。

余計な隙間を無くすことができますので、安全ですし、確実に寒風や外気をシャットダウンすることができます。

外ポケットです。

ヌプシジャケットの外ポケット

チャックの左が前になります。

ポケットに手を入れようとすると、カバーがかかるようになっていますので、モノを失くしにくい構造になっています。

内ポケットはこのようになっています。

ヌプシジャケットの内ポケット

口が広く、ポケットも深いので大容量です。

貴重品を確実にしまうことができます。

チャックも、防水加工がされていますので、全天候に対応できます。

ヌプシジャケットのチャック

しぼりがついていますので、暖気を外に逃がすこともありません。

ヌプシジャケットのしぼり

もちろんパーカーもしっかりついています。

このように、寒い山でも耐えられるような様々な工夫がされているのがお分かりいただけると思います。

デメリット?

ここまで褒めちぎってきましたが、デメリットはあるのでしょか?

結論として、上記の機能性に比べたら大したことはありません。

ちょっと値が張ることと、人気ゆえに街でよく見かけることです。

値が張るという点は、たしかにそうなんですが、機能に対して十分に見合っています(も
とはと言えば命を守る用品設計です)。

いろんな人と被る?誰もが認める機能を有しているので当然でしょう(ブランドファンも
多いですし)。

一回の支出額としては大きいですが、長く使えるので、そのうち一日当たり100円とか10
円になります。

人と被ることへの是非は、各々の価値観の世界なので決めつけることはしませんが、私は
機能性を重視しているのであまり気にしません。

まとめ&けぶろぐ編集後記

ここまで、ノースフェイスの「ヌプシジャケット」についてレビューしてきました。

私としては2019年のベストバイ候補です。

高額なのは仕方ないです。

むしろ、同じ価格帯のジャケットを買ってきて失敗してきているこれまでの過ちを考える
と、良い買い物だったと思います。

非常に高いクオリティを持っているので、ぜひ手に取ってみてください!
けってぃ

編集後記的な感覚で書きますが、コスパの観点からするとモンベルの方が良いかもしれな
いです。

というのも、冬の山を想定しているので設計趣旨は同じですが、モンベルの方が価格面で
魅力があるからです。

ですので、モンベルもぜひ検討に入れてほしいと思っています。

また、ノースフェイス・モンベルの二択でもありませんので、幅広く検討してみてはいか
がでしょうか。

私はデザインの好みからノースフェイスを選びましたけど!

以上、けぶろぐでした。

マッキントッシュロンドンのカードケース1

好きなモノ

2020/11/21

手軽に使えるカードケースのススメ【キャッシュレス】

2020年、キャッシュレス決済の認知も広がり、私の周りの多くの20代・30代が何らかのキャッシュレス決済を導入しています。 私は家計管理の観点から、現金ではなくクレジットカードを中心としたキャッシュレス決済を数年前から導入。 いまやなくてはならないシステムです。 今回はそんな私が使っているアイテム、「カードケース」をご紹介したいと思います。 目次なぜカードケース?実際に手に取ったカードケースはこちら実際に使ってみてまとめ他に迷ったカードケースはこちら なぜカードケース? 私はキャッシュレス絶対主義ではない ...

ReadMore

IWC ポルトギーゼ クロノグラフ レビュー

好きなモノ

2020/7/19

IWC ポルトギーゼ クロノグラフの魅力をレビュー!

IWCの「ポルトギーゼ」は、時計に少しずつ詳しくなると、必ず目にする時計です。 そして目にした多くの方が、「きれいな時計」と思うんじゃないでしょうか。 今回は、「ポルトギーゼ」の魅力についてレビューしていきます。 この記事で「欲しい!」と思ってもらえると嬉しいです   目次ポルトギーゼとは現代に見るポルトギーゼの魅力ポルトギーゼをレビューまとめ【朗報】ちょっと待って!買う前に、借りて試着するという選択肢 ポルトギーゼとは まずはポルトギーゼについて簡単にご紹介しましょう。   ポルトギ ...

ReadMore

30代 プライベートで着けたい時計 7選

好きなモノ

2020/7/18

30代男性がプライベートで身に着けたい腕時計ブランド7選

30代になると生活面、金銭面をはじめとして、あらゆる方面でゆとりが出てきます。 ビジネスでの昇進や、プライベートの充実など、様々なライフイベントを通して、身に着けるモノにこだわりを持ち始めるのも30代です。   数あるモノの中でも、時計は自分の個性、こだわりを反映するのに最も優れたアイテムのひとつです。   そこで今回は、「30代男性がプライベートで身に着けたい腕時計」をご紹介していきます。   デジタル社会において「時計は不要」「スマートウォッチで十分」という考え方が浸透し ...

ReadMore

ゼニス クロノマスター エルプリメロ

好きなモノ

2020/7/18

ZENITH(ゼニス) クロノマスター エルプリメロ オープン の魅力をレビュー!

今回は「ZENITH(ゼニス) クロノマスター エルプリメロ オープン」をレビューします。 ゼニスというブランドは、一般的な認知はロレックス等に比べると高くはありません。 しかし、機械式時計としての精度の高さに対する情熱は他のブランドを圧倒しており、 ロレックスですらゼニスからパーツの提供を受けています(後述)。 それほどの実力の秘密はどこにあるのか。 そして、実物はどのようなものなのか。 詳しく解説しますけってぃ 目次エルプリメロとはエルプリメロの魅力レビューまとめ【朗報】ちょっと待って!買う前に、借り ...

ReadMore

30代 ビジネスでつけたい 時計7選

好きなモノ

2020/7/18

30代男性がビジネス・仕事で身に着けたい腕時計ブランド7選

冠婚葬祭や重要な商談、勝負をかけたデート… 30代になると、こうした重要な場面が多くなります。 仕事にも脂がのってきて、まさに働き盛りの年代です。 自然と、時計は30代ビジネスマンの身だしなみの一部として、非常に重要なアイコンになります。   デジタル社会において「時計は不要」「スマートウォッチで十分」という考え方が浸透しつつあるのは事実です。 しかし、冠婚葬祭や大きな商談の際に時計を着用しなかったり、スマートウォッチの着用で差し支えないという立場の方は、まだ少数派ではないでしょうか。 &nbs ...

ReadMore

-好きなモノ

Copyright © けぶろぐ , All Rights Reserved.