30代 プライベートで着けたい時計 7選

好きなモノ

30代男性がプライベートで身に着けたい腕時計ブランド7選

30代になると生活面、金銭面をはじめとして、あらゆる方面でゆとりが出てきます。

ビジネスでの昇進や、プライベートの充実など、様々なライフイベントを通して、身に着けるモノにこだわりを持ち始めるのも30代です。

 

数あるモノの中でも、時計は自分の個性、こだわりを反映するのに最も優れたアイテムのひとつです。

 

そこで今回は、「30代男性がプライベートで身に着けたい腕時計」をご紹介していきます。

 

デジタル社会において「時計は不要」「スマートウォッチで十分」という考え方が浸透しつつあるのは事実です。

ビジネスや冠婚葬祭等の場面はともかく、プライベートの時間ではこうした考え方に立つ方が増えてきているかもしれません。

 

しかし一方で、腕時計は「ファッションアイテム」という考え方や「美的工芸品」「ステータスシンボルという考え方が根強くあるのもまた事実。

 

プライベート用の時計ですので、思いっきり「自己満足」を楽しみましょう。

 

当記事があなたの時計探しのヒントになれば幸いです。

 

30代ビジネスマンにおすすめの時計像

時計選びには、「自己満足」と「他者からの見え方」の2つの視点を持ちましょう。

というのが私の持論です。

しかし、今回は「プライベート」での時計を想定しますので、「他者からの見え方」というのは考えなくて大丈夫です。

あ、でも、あんまりゴージャスな時計をつけてしまうと「犯罪に巻き込まれる」かもしれませんので、そういう意味では注意しましょう。

 

ブランド重視?デザイン重視?それとも…?

「好きな時計を選んでいい」

そう言われたらどうしましょう?

 

ブランドで選びますか?

誰もが知る時計の王様「ロレックス」を選ぶのもいいですね。

映画「007」が好きだからオメガ!これもいいですね。

 

デザインで選びますか?

男らしさ全開のウブロっしょ!

美しすぎるエルプリちゃん!(ゼニスのエルプリメロのことです念のため)

 

ストーリーで選ぶのはいかがでしょう?

初めて月に行った時計がいいな! → スピードマスタープロフェッショナル(オメガ)

小さいころに読んだ「星の王子さま」に縁がある時計も! → パイロットウォッチ(IWC)

知る人ぞ知るダイバーズウォッチの始祖 → フィフティファゾムス(ブランパン)

 

こんな感じで様々な観点から選んでみましょう。

 

ベルトに見る個性

ベルトも外見を左右する重要なパーツのひとつです。

ですので、ぜひベルトにもこだわってみましょう。

メタルバンドだけでなく、革ベルトナイロン製のベルトもあります。

スポーティなモデルにはラバーベルトもいいですね。

時計の印象がガラッと変わりますので、ベルトによるオシャレもぜひ検討してみましょう。

 

30代男性のプライベート時計おすすめモデル

ここからは、具体的に30代男性のプライベートにおすすめな時計をご紹介しましょう。

HUBLOT(ウブロ) ビックバン

ウブロ ビックバン

引用:エバンス

ウブロは比較的歴史が浅いブランドではありますが、広告戦略をうまく活かしてハイブランドの仲間入りを果たしました。

現在ではスポーツの場でもタイムキーパーとして目にすることも増えています。

「ウブロ」とは、フランス語で「舷窓」を意味します。

したがって、船の小窓のようなデザインがほとんどです。

時計の特徴は、チタンやセラミック、カーボンなどこれまでにない異素材を用いた時計づくりです。

ラバーベルトを積極的に用いているのも大きな特徴。

発売当初はETA社の汎用ムーブメントを搭載していましたが、現在ではムーブメント開発にも積極的に取り組んでいます。

 

ウブロのコレクションの中でも「ビックバン」は、ウブロが売れるきっかけをつくった人気モデルであり、いわゆる「デカ厚時計」のブームをつくった時計の一つです。

「デカ厚時計」とは、デカくて分厚い時計のことです。他にも、パネライやIWCもデカ厚時計のブームに乗ったブランドです。

サイズが大きいうえに、イタリア由来の派手なデザインから、ビジネスには向きませんが、プライベート用となると話は別。

ウブロはモテ時計です。男らしさを全力でアピールしましょう。

 

ROLEX(ロレックス) サブマリーナ&デイトナ

ロレックスはまさに時計の王様。知名度バツグンです。

ビジネスではTPOを見る必要がありますが、プライベートは自由。

ロレックスにはモデルがたくさんありますが、ここでは代表モデルの「サブマリーナ」と「デイトナ」をご紹介しましょう。

 

ロレックス サブマリーナ

サブマリーナは、「ダイバーズウォッチとはこんなデザイン」という定義をしているといっても過言ではない、定番の時計です。

世界初のダイバーズウォッチではないですが(諸説ありますが、のちに紹介するブランパンの時計と言われています)、デザインを定義しているところに凄みがあります。

他者のダイバーズウォッチをみると、ついサブマリーナを思い浮かべながら比べてしまう方、多いはずですよ。

 

ロレックス デイトナ

引用:web Chronos

デイトナはクロノグラフです。

実は、デイトナにはサブマリーナなどのようにストーリー性があまりありません。

それでもテレビで使用されるなどの要因により、人気が過熱。

いまや正規店(=定価)で入手するのが困難となっています。

そうした希少性もまた、ステータスシンボルなのでしょう。

 

OMEGA(オメガ) スピードマスター

オメガ スピードマスター

引用:GINZA RASIN

オメガのスピードマスターといえば、人類が初めて月に降り立った時に着用されていた時計です。

こうしたストーリーにちなんで「ムーンウォッチ」と呼ばれています。

この「ムーンウォッチ」ですが、現在では「スピードマスター プロフェッショナル」というモデルで入手することができます。

手巻き時計で、風防(時計の表面)はガラスではなくプラスチックと、当時の仕組みを現代まで残しています。

もちろん、内部のムーブメントは進化を遂げています。

ストーリーで選ぶならこの時計は検討すべきでしょう。

 

オメガ 007

「シーマスター」シリーズは映画「007」でおなじみのモデルです。

「007」との限定コラボモデルも多数出ていますので、ぜひチェックしてみましょう。

 

TAG Heuer(タグ・ホイヤー)カレラクロノ

タグ・ホイヤー カレラ

引用:THREEC

スポーティな時計が欲しい!

と思うならタグ・ホイヤーが合うかもしれません。

タグ・ホイヤーはF1をはじめとするさまざまなスポーツにおいてスポンサーをつとめてきました。

したがって、多くのモデルがスポーティな印象です。

なかでも「カレラ」は代表モデルで、クロノグラフはまさにフレッシュさをまとっています。

「スポーティな自分」を演出したいならば、ぜひ検討しましょう。

 

IWC パイロットウォッチ

iwc パイロットウォッチ

IWCは、スイスメイドの時計でありながらもドイツ時計のデザインから強く影響を受けています。

ポルトギーゼやポートフィノといったモデルはまさにそうです。

しかし、パイロットウォッチは違います。

飛行機の計器からインスパイアを受けたデザインになっているだけでなく、飛行機を操縦しながらも時間がはっきりとわかるように、視認性を高めた独特のデザインとなっています。

また、計器(電子機器)で埋め尽くされたコックピット内でも正確に時を刻むことができるように、磁力への耐性も高められています。

時を経て現代にあっては、電子機器無しの生活はあり得ませんので、耐磁性能はかつてないほどに心強いものです。

 

ひと味違った時計をつけられるプライベートであればこそ、こうしたデザインの時計を選ぶのも良いでしょう。

 

CHANEL(シャネル) J12

chanel j12

引用:HODINKEE

シャネルは女性向けのブランドというイメージがありますよね?

しかし、ここでご紹介する代表モデル「J12」は違います。

2020年に20周年を迎えたシャネルのアイコンは、ずっと変わらぬデザインを貫いており、今や一目見て「J12!」とわかるほどに浸透。

時計雑誌や時計店が行う人気アンケートでも、必ずランクインしています。

女性向けのブランドだからこそ、男性が愛用する。

まさに「モテる男」の嗜み(たしなみ)と言えましょう。

 

時計専門ブランドではない=時計の実力が相対的に弱い???

そんなことはありません。

まず、J12のケースはセラミック削り出しというめずらしいつくりをしています。

また、スイスの時計ブランド「ベル&ロス」との資本提携や、ローマン ゴティエやF.P.ジュルヌなどの株式を取得するなど、技術の蓄積を続けてきました。

こうしたことから、いまや自社で一貫生産を行う「マニュファクチュール」となっています。

こうしたことから、時計好きからも「おっ」と一目置かれる時計にもなっています。

 

BLANCPAIN(ブランパン) フィフティファゾムス

ブランパン フィフティファゾムス

引用:ブランパン

ブランパンというブランドは聞きなれないかもしれません。

宝飾ブランドとして有名です。

このブランパンの時計「フィフティファゾムス」は、1953年、ロレックスのサブマリーナと同じ年に登場しました。

一説には世界初のダイバーズウォッチと言われ、知る人ぞ知る時計となっています。

この「世界初」というストーリーは非常に強烈です。

「フィフティファゾムス」は、「50(フィフティ)」と「ファゾムス」という成り立ちとなっており、「ファゾムス」とは、長さの単位です。

1ファゾム=約1.829m、50ファゾムス=約91.45m

この91.45mというのは、当時、スキューバで潜水できる最大深度でした。

以来、ブランパンは海洋研究、保護との関りを強くしています。

独特のベゼルと漆黒をあらわしたデザインが、見れば見るほど魅力的にうつってきます。

ストーリー重視の方におすすめです。

 

まとめ

今回は「30代男性がプライベートで身に着けたい腕時計ブランド7選」ということでご紹介しました。

どのブランドも一流のブランドであり、知名度が高いです。

また、ファッション性も高く、おしゃれのひとつとして大活躍してくれるのは間違いありません。

どれも高級時計なので、シンプルな服装に一点豪華主義もいいですね。

 

ビジネスシーンでは、時計本来の役割=時間を知るということをまず重視すべきですが、

プライベートではおしゃれを楽しむべきです。

ここでご紹介した時計をお手本として、ぜひ自分のお気に入りの一本を見つけましょう。

 

【朗報】ちょっと待って!買う前に、借りて試着するという選択肢

この記事ではプライベート時計のお手本を紹介してきました。

どれもおしゃれですよね!しかも、知名度も高く人目を引くことができます。

 

しかし、ここまでご紹介してきた時計は、決して安い代物ではありません。

いざ買おうとしても迷ってしまうのではないでしょうか。なにせ高い買い物です。

しかも、時計屋さんで試着しようにも、ついつい舞い上がってしまい冷静な判断ができなくなってしまいます。

かつて、私自身がそうでした。

 

しかし朗報があります。

今や時計は「借りる」ことができます。

借りて試着すれば冷静になれますよね。

 

まずは一度借りてみて、ライフスタイルにフィットするということがわかれば、買ってみてもいいのではないでしょうか。

冷静な判断ができる最良の方法です。

そこで私が時計のレンタルサービスとしておすすめするのが「KARITOKE(カリトケ)」です。

実際の体験を記事にまとめましたので、こちらの記事を一度ご覧ください。

カリトケ(KARITOKE)でお悩み解決!借りて試着という新提案【体験しました】

続きを見る

IWC ポルトギーゼ クロノグラフ レビュー

好きなモノ

2020/7/19

IWC ポルトギーゼ クロノグラフの魅力をレビュー!

IWCの「ポルトギーゼ」は、時計に少しずつ詳しくなると、必ず目にする時計です。 そして目にした多くの方が、「きれいな時計」と思うんじゃないでしょうか。 今回は、「ポルトギーゼ」の魅力についてレビューしていきます。 この記事で「欲しい!」と思ってもらえると嬉しいです   目次ポルトギーゼとは現代に見るポルトギーゼの魅力ポルトギーゼをレビューまとめ【朗報】ちょっと待って!買う前に、借りて試着するという選択肢 ポルトギーゼとは まずはポルトギーゼについて簡単にご紹介しましょう。   ポルトギ ...

ReadMore

30代 プライベートで着けたい時計 7選

好きなモノ

2020/7/18

30代男性がプライベートで身に着けたい腕時計ブランド7選

30代になると生活面、金銭面をはじめとして、あらゆる方面でゆとりが出てきます。 ビジネスでの昇進や、プライベートの充実など、様々なライフイベントを通して、身に着けるモノにこだわりを持ち始めるのも30代です。   数あるモノの中でも、時計は自分の個性、こだわりを反映するのに最も優れたアイテムのひとつです。   そこで今回は、「30代男性がプライベートで身に着けたい腕時計」をご紹介していきます。   デジタル社会において「時計は不要」「スマートウォッチで十分」という考え方が浸透し ...

ReadMore

ゼニス クロノマスター エルプリメロ

好きなモノ

2020/7/18

ZENITH(ゼニス) クロノマスター エルプリメロ オープン の魅力をレビュー!

今回は「ZENITH(ゼニス) クロノマスター エルプリメロ オープン」をレビューします。 ゼニスというブランドは、一般的な認知はロレックス等に比べると高くはありません。 しかし、機械式時計としての精度の高さに対する情熱は他のブランドを圧倒しており、 ロレックスですらゼニスからパーツの提供を受けています(後述)。 それほどの実力の秘密はどこにあるのか。 そして、実物はどのようなものなのか。 詳しく解説しますけってぃ 目次エルプリメロとはエルプリメロの魅力レビューまとめ【朗報】ちょっと待って!買う前に、借り ...

ReadMore

30代 ビジネスでつけたい 時計7選

好きなモノ

2020/7/18

30代男性がビジネス・仕事で身に着けたい腕時計ブランド7選

冠婚葬祭や重要な商談、勝負をかけたデート… 30代になると、こうした重要な場面が多くなります。 仕事にも脂がのってきて、まさに働き盛りの年代です。 自然と、時計は30代ビジネスマンの身だしなみの一部として、非常に重要なアイコンになります。   デジタル社会において「時計は不要」「スマートウォッチで十分」という考え方が浸透しつつあるのは事実です。 しかし、冠婚葬祭や大きな商談の際に時計を着用しなかったり、スマートウォッチの着用で差し支えないという立場の方は、まだ少数派ではないでしょうか。 &nbs ...

ReadMore

好きなモノ

2020/7/18

【ロレックス】サブマリーナ ノンデイト 魅力をレビュー【定番モデル】

今回は「ROLEX(ロレックス)サブマリーナ」をレビューします。 サブマリーナには2つの種類、日付有り・日付無しがあります。 わたしは日付無しが好みなので、日付無し(ノンデイト)のレビューです。 「Ref.14060」で、いわゆる「5桁モデル」です。 2020年の現行モデルは「Ref.114060」で、こちらは「6桁モデル」と言われています。   目次サブマリーナって?サブマリーナの魅力1.デザイン2.防水性3.正確である4.永く使えるレビューまとめ【朗報】ちょっと待って!買う前に、借りて試着す ...

ReadMore

-好きなモノ

Copyright © けぶろぐ , All Rights Reserved.