realforce vs hhkb

デスク周り

リアルフォース vs HHKB どっち!?|1年間実際に使ってわかったこと、徹底比較!

デスク周り部門神セブン (1)
【2020年上半期 デスク周り部門】反響が多かった&買ってよかったモノ7選

続きを見る

にゃす
リアルフォースは持ってるけどHHKBも気になって…
にゃす
リアルフォースとHHKBで迷ってるけど、どう違うの?
買って比較しましたよ!
けってぃ

ということで今回は、「リアルフォース vs HHKB」として、実際に両者を1年間使ってみて感じたことを書き並べてみます。

どちらもキーボード界の雄ということで、どちらを取るか、悩んでいる方多いと思います。

そんな方には、これからキーボードを選ぶにあたっての参考にしてもらえればと思います。

また、一方を買ったものの、もう一方がなんだか気になる!という方も多いと思います。

そんな方にも、私の使い分けを見てもらうことで、本当に両方必要なのかどうか判断していただけると思います。

それではいってみましょう!

リアルフォース vs HHKB

realforce hhkb

今回ご紹介するのは次の2種です。

①リアルフォース(all 30g)

機種は「R2-TLSA-JP3」です。

テンキーレス、荷重all30gのキーボードとなります。

このキーボードの最大の特徴は、キー荷重がall30gというところにあります。

非常に軽いタッチで入力できるので、指が疲れにくく、長時間、多くの文字を入力できます。

APC機能といって、キー入力認識ポイントの深さを調節することができます。

また、付属のキースペーサーを使うことで、物理的にキーストロークの深さを調節することもできます。

わたしの場合、付属のキースペーサーを用いたうえで、2mmの深さにAPCを設定しています。
けってぃ

個別レビューはこちらの記事をどうぞ。

REALFORCE は やっぱり最強
東プレのリアルフォースR2をレビュー!最強の噂は本当だった!

続きを見る

②HHKB BT

機種は「HHKB Professional BT」です。

HHKBのBT版です。

このキーボードの特徴は、まさにワイヤレス(BT)であるということです。

したがって、場所にとらわれず、常に同じキーボードで入力できるという利点が最大のウリ。

キー荷重はall45gですので、標準的な荷重です。

リアルフォースのようにストロークの深さを変えることなどはできませんが、

考え抜かれた独特のキー配列により、効率的な入力ができるようになっています。

また、サイズもコンパクトで、持ち運びがしやすいです。

個別レビューはこちらの記事をどうぞ。

HHKB BT こんなひとにオススメしたい
HHKB Professional BTをレビュー|オススメできるのはこんなひと!

続きを見る

※追記

2020年6月現在の最新モデルは、ワイヤレス(BT)かつ静音モデルという上位互換なので、こちらをオススメします。

比較その1:打鍵感とキー荷重

タイピングする手

まずは私が一番重視した打鍵感とキー荷重を比べてみます。

 

どちらも「静電容量無接点方式」という最高のキーを採用しています。

したがって、打鍵感はどちらも甲乙つけがたい心地よさです。

さらに言うと、HHKBが採用しているキーは、東プレからOEM供給を受けているものです。

したがって、打鍵感に大きな差はありません。

両者の明確な違いは、キー荷重にあります。

リアルフォース HHKB
荷重all45g 荷重all45g
荷重all30g  
荷重all55g  
変荷重(30g、45g、55g)  

リアルフォースは豊富なラインナップですが、HHKBは1種類のみです。

両者ともに、キー荷重all45gが標準的な重さという理解であることわかります。

つまり、キー荷重45gのキーボードが、メーカーとしてまず手に取ってもらいたいモデルということです。

しかし、指が疲れやすい方やフェザータッチを求める方にはリアルフォースのall30gのモデルをおすすめします。

メカニカル方式の赤軸45gで疲れたので、30g一択でした
けってぃ

 

また、リアルフォースの現行モデル(R2)には「キースペーサー」が付いています。

これにより、ストロークの深さを調節できるのも大きな違いです。

ミリ単位で調節できるので、自分好みに仕上げられますよ。

比較その2:打鍵音・静音性

音 波形

次に打鍵音についてです。

まず、両者ともに静音モデルの用意があるんですが…

HHKBの静音モデル(Type-s、HYBRID)は使用していないのでレビューできません。すみません。

 

リアルフォースは静音モデルなので、こちらについてははっきり言えます。

本当に静音。

直前まで、メカニカル方式の赤軸を使っていたので驚きました。まさかこんなに静かだとは。

 

一方で、HHKBのほうは静音モデルではありませんが、コトコトと小気味良い音がします。

音から受ける「タイピングしている感」が良いです。

HHKBの静音モデルについては、有線モデル・BTモデルの両者が用意されています。

静音かつBTモデル(いわゆるHYBRIDモデル)はHHKBのみのラインナップになっています。

比較その3:持ち運び・携帯性

次に持ち運び、携帯性を比べてみます。

 

まず、リアルフォースには無線モデルがありません。

私が使っているテンキーレスのモデルですら、重量が1kgほどありますので持ち運びには向きません。

 

一方で、HHKBには無線モデル(BT、HYBRID)があります。

持ち運びができる無線モデルという点ではHHKBしか選択肢がないのが現状です。

ただし、HHKBも500g超(電池含まず)となっていますので、好みが分かれそうです。

しかし、場所を選ばず、常に同じキーボードでタイピングができる点はやはり重要です。

 

私がBT版を入手しようと考えたのは、外出先で記事を書くにあたり、Macのキーボードが薄く、重いのを嫌がったため。

深いキーストロークと(比較的)軽いキーボードで記事が書けるのはありがたいことです。

家ではリアルフォース、外ではHHKBと使い分けています。

この使い分けについては、まとめ・編集後記でまた触れたいと思います
けってぃ

比較その4:キー配列

キー配列を比べてみましょう。

 

リアルフォースにもHHKBにも、US配列(英語配列)・JIS配列(日本語配列)の用意があります。

リアルフォースではさらに、テンキーの有無を選ぶことができます。

 

HHKBは非常に特殊な配列をしています。そしてこの特殊性は英語配列版に顕著です。

hhkb キー配列1

矢印キーがなかったり(日本語配列にはあります)、Caps Lockキーがなかったり、ファンクションキーが独立していなかったり、CtrlキーがCaps Lockキーのポジションに置かれていたり…

hhkb キー配列2

ファンクションキーの位置が特殊です

これはホームポジションを崩さずにタイピングできるよう、合理化された結果です。

リアルフォースをはじめとする通常想定されるキー配列とは異次元のレベルで違いますので、HHKBを扱うには慣れが必要です。

私は矢印がある日本語配列を選び、結果として慣れるまで2週間程度かかりました
けってぃ

比較その5:外観

次に外観を比べてみましょう。

 

私が使用しているのはどちらも「墨」というカラーのモデルです。

ということで、私の手持ちでは差がないです。

どちらもクールでかっこいいですよ。

職場用にもリアルフォースを買いましたが、同僚からの評判がとても良いです。

 

しかし、HHKBには「無刻印モデル」という超クールなモデルがあります。

その名の通り、本当に何の印字もありません。

スタイリッシュを極めています。

デザイン重視で検討するのもアリです。

まとめ・けぶろぐの編集後記

今回は「リアルフォース vs HHKB」と題して、両方を実際に使用している経験をもとに記事にしました。

冒頭に書いた通り、白黒つけるのではなく、キーボード選びの参考にしていただきたいです。

実際に使ってわかった、リアルフォースに向いている人

・標準的なキー配列を使用したい

・変荷重、all30gなど、キー荷重にこだわりたい

・キースペーサーを利用してストロークの深さを調節したい(R2モデルのみ)

・しっかりとした据え置き型が欲しい

 

 

 

Macモデルはシルバーになっています!
けってぃ

実際に使ってわかった、HHKBに向いている人

・合理化されたキー配列に挑戦したい

・持ち運びをしたい

・無線モデルを使いたい(BT・HYBRITモデル)

・無刻印モデルを使用したい

編集後記:1年間使ったうえでの私の運用、使い分け

最後に、編集後記的なこととして私の運用を書きます。

一方を持っているけど、もう一方も気になるという方に読んでほしいです。

先ほど「持ち運び」のところで「使い分け」について触れました。

家ではリアルフォース、外ではHHKBを使用しています。

しかし、この使い方は、両者のキー配列が異次元のレベルで違うことを考えると決して合理的ではありません。

それでも(何とか)運用として成立しているのは、以下の理由からです。

①どうしても荷重30gでないと疲れてしまう、というか30gの打鍵感でないとダメな体になっている(=リアルフォースにこだわる理由)

②外出先で書く時にもこだわりの道具を使いたい(=HHKBにこだわる理由)

③外出先では下書きメインなので文字入力以外のキーに触れる必要がない(=HHKBを使用してもあまり混乱しない理由)

③についてですが、あくまでHHKBは外出専用、家ではリアルフォースと割り切っているからこそできるライトな使用法だと思います。

HHKBのキー配列について、例えば会社員の方。

お勤めの会社、キーボードの持込オッケーですか?

自宅でHHKBを使うとしても、お勤めの会社にはHHKBを持ち込めないということでしたら、HHKBを選ぶのは少し考えましょう。

まずはリアルフォースを導入して、たぶんそれで満足できると思いますが、それでも気になるならHHKBに手を出しましょう。

実際に私はそのような順番で手を出しました。

できる限り自宅の環境と職場の環境は合わせた方がベターです。

そうではなく、制限なしにキーボードを選べる、持ち運べるという環境の方は、じっくり悩んでみてください。

どちらを選んでも満足できると思いますよ!
けってぃ
デスク周り部門神セブン (1)
【2020年上半期 デスク周り部門】反響が多かった&買ってよかったモノ7選

続きを見る

IWC ポルトギーゼ クロノグラフ レビュー

好きなモノ

2020/7/19

IWC ポルトギーゼ クロノグラフの魅力をレビュー!

IWCの「ポルトギーゼ」は、時計に少しずつ詳しくなると、必ず目にする時計です。 そして目にした多くの方が、「きれいな時計」と思うんじゃないでしょうか。 今回は、「ポルトギーゼ」の魅力についてレビューしていきます。 この記事で「欲しい!」と思ってもらえると嬉しいです   目次ポルトギーゼとは現代に見るポルトギーゼの魅力ポルトギーゼをレビューまとめ【朗報】ちょっと待って!買う前に、借りて試着するという選択肢 ポルトギーゼとは まずはポルトギーゼについて簡単にご紹介しましょう。   ポルトギ ...

ReadMore

30代 プライベートで着けたい時計 7選

好きなモノ

2020/7/18

30代男性がプライベートで身に着けたい腕時計ブランド7選

30代になると生活面、金銭面をはじめとして、あらゆる方面でゆとりが出てきます。 ビジネスでの昇進や、プライベートの充実など、様々なライフイベントを通して、身に着けるモノにこだわりを持ち始めるのも30代です。   数あるモノの中でも、時計は自分の個性、こだわりを反映するのに最も優れたアイテムのひとつです。   そこで今回は、「30代男性がプライベートで身に着けたい腕時計」をご紹介していきます。   デジタル社会において「時計は不要」「スマートウォッチで十分」という考え方が浸透し ...

ReadMore

ゼニス クロノマスター エルプリメロ

好きなモノ

2020/7/18

ZENITH(ゼニス) クロノマスター エルプリメロ オープン の魅力をレビュー!

今回は「ZENITH(ゼニス) クロノマスター エルプリメロ オープン」をレビューします。 ゼニスというブランドは、一般的な認知はロレックス等に比べると高くはありません。 しかし、機械式時計としての精度の高さに対する情熱は他のブランドを圧倒しており、 ロレックスですらゼニスからパーツの提供を受けています(後述)。 それほどの実力の秘密はどこにあるのか。 そして、実物はどのようなものなのか。 詳しく解説しますけってぃ 目次エルプリメロとはエルプリメロの魅力レビューまとめ【朗報】ちょっと待って!買う前に、借り ...

ReadMore

30代 ビジネスでつけたい 時計7選

好きなモノ

2020/7/18

30代男性がビジネス・仕事で身に着けたい腕時計ブランド7選

冠婚葬祭や重要な商談、勝負をかけたデート… 30代になると、こうした重要な場面が多くなります。 仕事にも脂がのってきて、まさに働き盛りの年代です。 自然と、時計は30代ビジネスマンの身だしなみの一部として、非常に重要なアイコンになります。   デジタル社会において「時計は不要」「スマートウォッチで十分」という考え方が浸透しつつあるのは事実です。 しかし、冠婚葬祭や大きな商談の際に時計を着用しなかったり、スマートウォッチの着用で差し支えないという立場の方は、まだ少数派ではないでしょうか。 &nbs ...

ReadMore

好きなモノ

2020/7/18

【ロレックス】サブマリーナ ノンデイト 魅力をレビュー【定番モデル】

今回は「ROLEX(ロレックス)サブマリーナ」をレビューします。 サブマリーナには2つの種類、日付有り・日付無しがあります。 わたしは日付無しが好みなので、日付無し(ノンデイト)のレビューです。 「Ref.14060」で、いわゆる「5桁モデル」です。 2020年の現行モデルは「Ref.114060」で、こちらは「6桁モデル」と言われています。   目次サブマリーナって?サブマリーナの魅力1.デザイン2.防水性3.正確である4.永く使えるレビューまとめ【朗報】ちょっと待って!買う前に、借りて試着す ...

ReadMore

-デスク周り

Copyright © けぶろぐ , All Rights Reserved.