沖縄

【沖縄3泊4日~3日目~】美ら海水族館~古宇利大橋へ!美しき海の世界に感動!

3日目です。

昨日は雷雨にまで発展した沖縄本島ですが、この日の朝は小雨となっていました。

雨であることには変わりないんですけど。

3日目はホテルをチェックアウト後、さらに北上し、「美ら海水族館」「古宇利大橋」と巡って、一気に南下して那覇市内のホテルへチェックイン、国際通りを散策するというスケジュールです。

いざ美しき海の世界へ!美ら海水族館へGO!

残波岬に別れを告げ、沖縄自動車道を使ってひたすら北へ向かいます。

片側2車線でしたが、渋滞もなく、スムーズに運転することができました。

首都圏の道路に比べるとアップダウンが多かったような印象です。

無事に到着しました!

相変わらずの小雨です。

エスカレーターを降りると、見晴らしの良いコンコースが待っていました。

美ら海水族館には、水族館(本館)だけでなく、マナティ館ウミガメオキちゃん劇場(イルカのショー)など、様々な見どころがあります。

美ら海水族館の詳しい記事は別の記事でご紹介しています。

この記事ではそれぞれの見どころを少しだけご紹介します。

本館の巨大水槽といえばこちら。

大迫力のジンベエザメです。

マナティ館では愛嬌たっぷりのマナティに会えます。

ウミガメ館では、かわいらしくもどこかイケメンなカメが待ってくれていました。

天気が回復したので無事に開催してくれた「オキちゃん劇場」

好天には恵まれませんでしたが、沖縄の海の魅力、そして支える人々の姿を体感することができたので大満足でした。

ここまでで、美ら海水族館とはお別れをし、古宇利大橋へ向かうこととします。

 

okinawasunでいただくカラフルスムージー

美ら海水族館から車で数分、ちょっと寄り道です。

こちら

「okinawasun(おきなわさん)」です。

こちらでは、南国フルーツを活かしたとてもカラフルなスムージーがいただけるとのことで、ぜひとも立ち寄ろうと考えていた場所です。

わくわくしながら待っていると、見るからに素敵なスムージーに出会えました。

これがもうほんと、目の覚めるようなフルーツのさわやかさ!

水族館での歩き疲れが一瞬で吹き飛んでしました。

疲れた体には爽快なフルーツスカッシュで間違いないです!

美ら海水族館から車ですぐなので、ぜひ立ち寄ってみてください!

定休日:日・月、祝日

営業時間:12時~17時

(掲載当時のデータです)

 

まるで天国のような青のグラデーション!古宇利大橋

目にも身体にも刺激的なフルーツスカッシュをいただきながら、車で30分ほど。

古宇利大橋へ着きました!

橋のスケールにも驚きですが、景色に圧倒されました!

目の前に広がるのはエメラルドグリーンをはじめとする見事なまでのグラデーション。

まさに「天国」のような海です。

ここはもう一度行きたいですし、ぜひみんなにも行ってほしいスポットです。

古宇利大橋の絶景を堪能したところで、ここから一気に那覇市街まで南下します。

 

【ホテル】

那覇市街に入り、まずはホテルにチェックインです。

今回の宿泊先は「沖縄ナハナホテル&スパ」です。

部屋の広さ、居心地の良さも申し分ありません。

荷物を簡単に整え、休む間もなく国際通りへGO!

 

【国際通り】

本当に休む間もなく国際通りへやってきました。

ちょっと体力的に厳しくなってきましたが、ここでお土産を調達し、晩ご飯にしたいと思います。

 

最高のお土産。琉球ガラス

実は今回の旅行前から琉球ガラスには興味を持っていました。

今回のスケジュールに組み込めなかったのは残念ですが、次回は琉球ガラス村など、琉球ガラスにまつわるスポットに行きたいと考えています。

今回は、国際通りで見つけたこちらのグラスを求めました。

妻とのペアグラスにするため、今回はシンプルなデザインです。

このグラス内の気泡が琉球ガラスの大きな特徴です。

また、ひとつひとつが手作りのため、握った時の感触が微妙に違います。

このような伝統工芸を手にすると嬉しいですね。

次回は違ったトーンの琉球ガラスを探す旅にしようと思います。

 

これで3日目が終了です。

長いようであっという間。明日は沖縄を出ることになります。

IWC ポルトギーゼ クロノグラフ レビュー

好きなモノ

2020/7/19

IWC ポルトギーゼ クロノグラフの魅力をレビュー!

IWCの「ポルトギーゼ」は、時計に少しずつ詳しくなると、必ず目にする時計です。 そして目にした多くの方が、「きれいな時計」と思うんじゃないでしょうか。 今回は、「ポルトギーゼ」の魅力についてレビューしていきます。 この記事で「欲しい!」と思ってもらえると嬉しいです   目次ポルトギーゼとは現代に見るポルトギーゼの魅力ポルトギーゼをレビューまとめ【朗報】ちょっと待って!買う前に、借りて試着するという選択肢 ポルトギーゼとは まずはポルトギーゼについて簡単にご紹介しましょう。   ポルトギ ...

ReadMore

30代 プライベートで着けたい時計 7選

好きなモノ

2020/7/18

30代男性がプライベートで身に着けたい腕時計ブランド7選

30代になると生活面、金銭面をはじめとして、あらゆる方面でゆとりが出てきます。 ビジネスでの昇進や、プライベートの充実など、様々なライフイベントを通して、身に着けるモノにこだわりを持ち始めるのも30代です。   数あるモノの中でも、時計は自分の個性、こだわりを反映するのに最も優れたアイテムのひとつです。   そこで今回は、「30代男性がプライベートで身に着けたい腕時計」をご紹介していきます。   デジタル社会において「時計は不要」「スマートウォッチで十分」という考え方が浸透し ...

ReadMore

ゼニス クロノマスター エルプリメロ

好きなモノ

2020/7/18

ZENITH(ゼニス) クロノマスター エルプリメロ オープン の魅力をレビュー!

今回は「ZENITH(ゼニス) クロノマスター エルプリメロ オープン」をレビューします。 ゼニスというブランドは、一般的な認知はロレックス等に比べると高くはありません。 しかし、機械式時計としての精度の高さに対する情熱は他のブランドを圧倒しており、 ロレックスですらゼニスからパーツの提供を受けています(後述)。 それほどの実力の秘密はどこにあるのか。 そして、実物はどのようなものなのか。 詳しく解説しますけってぃ 目次エルプリメロとはエルプリメロの魅力レビューまとめ【朗報】ちょっと待って!買う前に、借り ...

ReadMore

30代 ビジネスでつけたい 時計7選

好きなモノ

2020/7/18

30代男性がビジネス・仕事で身に着けたい腕時計ブランド7選

冠婚葬祭や重要な商談、勝負をかけたデート… 30代になると、こうした重要な場面が多くなります。 仕事にも脂がのってきて、まさに働き盛りの年代です。 自然と、時計は30代ビジネスマンの身だしなみの一部として、非常に重要なアイコンになります。   デジタル社会において「時計は不要」「スマートウォッチで十分」という考え方が浸透しつつあるのは事実です。 しかし、冠婚葬祭や大きな商談の際に時計を着用しなかったり、スマートウォッチの着用で差し支えないという立場の方は、まだ少数派ではないでしょうか。 &nbs ...

ReadMore

好きなモノ

2020/7/18

【ロレックス】サブマリーナ ノンデイト 魅力をレビュー【定番モデル】

今回は「ROLEX(ロレックス)サブマリーナ」をレビューします。 サブマリーナには2つの種類、日付有り・日付無しがあります。 わたしは日付無しが好みなので、日付無し(ノンデイト)のレビューです。 「Ref.14060」で、いわゆる「5桁モデル」です。 2020年の現行モデルは「Ref.114060」で、こちらは「6桁モデル」と言われています。   目次サブマリーナって?サブマリーナの魅力1.デザイン2.防水性3.正確である4.永く使えるレビューまとめ【朗報】ちょっと待って!買う前に、借りて試着す ...

ReadMore

-沖縄

Copyright © けぶろぐ , All Rights Reserved.